ソニー・クラーク・トリオのレコードの買取相場価格を知って思わぬ高値に! | 気になる口コミblog

ソニー・クラーク・トリオのレコードの買取相場価格を知って思わぬ高値に!

ソニー・クラーク・トリオ Sonny Clark Trio レコード 買取 レコード買取

多くの人がSonny Clark Trio(ソニー・クラーク・トリオ)のレコードを宅配買取してもらう前に、ある程度の買取価格を知りたいと考えていますよね。

もちろん、直接買取店に足を運んで提示された価格に納得するのが一番ですが、場所や時間的な問題があるため、宅配買取が選ばれることも多くあります。

そこで、当サイトでは、宅配買取を利用する際に起こるリスクを減らし、Sonny Clark Trio(ソニー・クラーク・トリオ)のレコードを買い取ってもらいたい方が知っておくべきことを、まとめてみました。

損をしないためには、無計画に宅配買取を申し込むのではなく、以下の情報を確認してから検討してみましょう。

レコードの宅配買取において、最も重要なリスクは査定額です

ソニー・クラーク・トリオ Sonny Clark Trio レコード 買取 リスク

宅配買取では、レコードを送付してから査定額が提示されるため、この点には注意が必要です。多くのレコード宅配買取サイトを確認しましたが、事前査定を行っている買取店はごくわずかでした。

事前査定を行うには手間がかかるため、多くのレコード買取店が積極的に行っていないこともあります。また、事前に買取額を知られると申し込みが少なくなる可能性もあるため、買取店にとってはリスクが高いという側面もあるでしょう。

しかし、事前査定を行うことは、自社に買取額に「自信と責任」を持っているということを示すことでもあります。特に初めてレコードの宅配買取を利用する場合は、事前査定を行っている買取店を選ぶことをおすすめします。

事前にある程度の買取額が把握できることは大きなメリットです。レコードの市場価格は日々変動しており、自分では高値で売れると思っていたレコードでも、実際には値段が付かないこともあります。

レコードの買取価格は、希少性が高く需要があるほど高値がつく傾向があるため、トラブルを避けるためにも事前査定は必要不可欠です。以上を踏まえて、良質なレコード販売店を厳選して紹介していますので、レコード宅配買取を検討している方は是非参考にしてください。

【エコストアレコードの買取価格例】ソニー・クラークのレコード

ソニー・クラーク・トリオ Sonny Clark Trio レコード 買取相場価格

まずは、一番気になる当サイトで紹介する「エコストアレコード」でのソニー・クラークのレコード買取価格を調べ、まとめてみました。買取を検討している方は、参考にしてください。

レコード名 型番など 買取価格
オリジナル盤:Sonny Clark / Sonny’s Crib Blue Note, 型番:BLP 1576 15,000円
ソニー・クラーク / クール・ストラッティン SONNY CLARK COOL STRUTTIN’ キング BST 81588 銀帯、インサート付き/ブルーノート特別復刻盤ベスト15 2,000円
在庫数・レコードの需要など時期によって、上記買取価格は変動します。正確な買取価格を知りたい方は、無料仮査定サービスを利用しましょう。また、上記には無い自分の所持しているレコードで、買取価格が気になるものもあれば、気軽に無料仮査定サービスで確認するとよいでしょう。
\気軽に事前「無料」査定をする方は以下からどうぞ/
エコストアレコード公式サイトはこちら

「エコストアレコード」は、レコード宅配買取でも「事前査定」が可能な買取店の1つです

エコストアレコード 公式サイト

このショップの主な特徴は以下の通りです。

  • 仮査定サービスをメールなどで行っていること
  • 本査定時に納得できない査定額の場合でも、返送料の負担なしで返送可能な場合があること
  • NHK「おはよう日本」をはじめとする様々なメディアで紹介されるほどの有名買取ショップであること
  • 2021年度中古レコード買取満足度、高価買取価格満足度、信頼と安心の中古レコード買取店の3部門で2年連続No.1に選ばれた実績があること

「エコストアレコード」では、仮査定サービスの申し込みがメールなどで可能であり、レコードの買取価格を事前にある程度把握できるため、自分のレコードが市場においてどれだけの価値があるのか客観的に判断できます。

また、本査定時に思ったよりも値段が付かなくて売りたくない場合もありますが、「エコストアレコード」では以下の条件で、返送料が無料になるように配慮されています。

Q.金額に納得できなかった場合、返送してくれるの?

A.通常査定の場合、明細書の1項目でも(300円以上付いたタイトル、もしくはおまとめでお値段が付いた項目)お売りいただけるようでしたら、その他のお品物は送料弊社負担で返送させていただいております。

エコストアレコード公式サイトより引用

※ただし、すべてのレコードの返品またはエコストアレコードで何も買取りが発生しない状態での返送は、着払い返送(返送料全額負担)となるので注意をしてください。

要するに、「エコストアレコード」では、1品でも300円以上の買取価格が付いてそれを売却すれば、その他の商品について返品したい場合でも送料を負担してくれるというサービスが提供されています。

現在の返送料は高額であるため、万が一返送が必要になった場合にも、このサービスを利用することで、出費リスクを軽減できるように配慮されています。

「エコストアレコード」は、長年にわたって実績を積み重ねた信頼できるレコード買取店であり、多数のメディアでも紹介されています。特に、初めてレコードの宅配買取を利用する方にはおすすめです。宅配買取にはリスクがありますが、「エコストアレコード」はリスクを最小限に抑え、誠実な対応を心がけています。

まずは気軽な気持ちでメールなどで自分のレコードの事前仮査定をしてみることをおすすめします。

\気軽に事前査定をしてみる方は以下からどうぞ/
エコストアレコード公式サイトはこちら

 

エコストアレコード買取の口コミでの評判を確認したい方はこちら

コラム

ソニー・クラーク・トリオ(Sonny Clark Trio)は、1950年代から1960年代にかけて活躍したアメリカのジャズ・ピアニスト、ソニー・クラーク(Sonny Clark)が率いたジャズ・トリオです。

ソニー・クラークは、1921年にペンシルベニア州のヘレスバーグで生まれ、地元のバンドで演奏活動を始めました。やがて、彼はフィラデルフィアやニューヨークのジャズ・シーンで活躍するようになり、多くのビッグ・バンドやグループで演奏を披露しました。

1957年、ソニー・クラークは自身のトリオを結成し、ピアノ、ベース、ドラムスの編成で演奏活動を始めました。彼らの演奏は、オーソドックスなビバップ・スタイルで、ソニー・クラークの優れた演奏技術や表現力が際立ったものでした。

彼らが録音した代表的なアルバムには、「ソニー・クラーク・トリオ」や、「クール・ストラッティン」などがあります。特に、「クール・ストラッティン」は、彼らが録音した代表作の一つとして知られており、彼らの演奏が際立つ名盤として高い評価を受けています。

しかし、ソニー・クラークは、1963年に急逝してしまい、ソニー・クラーク・トリオも解散してしまいました。しかし、彼らが残した名演奏は、今でも多くの人々に愛され続けており、ソニー・クラークは、ビバップ・ピアニストの中でも特に重要な存在として、多くのジャズ・ファンから高く評価されています。

ソニー・クラーク・トリオ(Sonny Clark Trio)が録音した中でも、特に価値の高いレコードにはいくつかあります。以下にいくつかの例を挙げてみます。

「クール・ストラッティン」(Cool Struttin’) (1958年) – このアルバムは、ソニー・クラーク・トリオが録音した作品で、ドラムスにアート・ブレイキー、テナー・サックスにジャッキー・マクリーンが参加しています。このアルバムは、彼らが残した名演奏が収録された代表的な作品の一つであり、ビバップ・スタイルの演奏が際立っています。

「ソニー・クラーク・トリオ」(Sonny Clark Trio) (1957年) – このアルバムは、ソニー・クラーク・トリオが録音した最初のアルバムであり、ベースにポール・チェンバース、ドラムスにフィル・モスリーが参加しています。この作品は、彼らがビバップ・スタイルの演奏を披露した初期の代表作の一つであり、ソニー・クラークのピアノ演奏が際立っています。

「ハー・ビンゴ」(My Conception) (1959年) – このアルバムは、ソニー・クラーク・トリオが録音した作品で、ベースにポール・チェンバース、ドラムスにウェス・ランドルフが参加しています。この作品は、彼らがビバップ・スタイルの演奏をより進化させた作品の一つであり、ソニー・クラークのピアノ演奏がより自由に、そして深みのあるものとなっています。

以上はあくまでも一例であり、ソニー・クラーク・トリオが録音したレコードはどれも、彼らがビバップ・スタイルの演奏で示した高い演奏技術や表現力が際立つ作品であり、多くのジャズ・ファンから高く評価されています。彼らが残した名演奏は、今後も多くの人々に愛され続けることでしょう。