レコード盤 廃棄するには?ちょっと待って!価値があるかもしれません! | 気になる口コミblog

レコード盤 廃棄するには?ちょっと待って!価値があるかもしれません!

レコード盤を廃棄するにはどうすればいいんだろう?思って検索している方は結構多いんですよね。

レコード盤はもう古くて価値のないものと思い込んで、大損をしている方も多いのも事実です。そこで当サイトではレコード盤を廃棄する前に知っておいてほしいことを以下よりまとめてみました。

安易にレコード盤を廃棄してしまい、損をする前に以下より読み進めてみてください。

レコード盤を廃棄する前にまずは無料査定してみよう!

古いレコード盤だから面倒だから廃棄してしまうが多いのですが、それはあまりにももったいないことである可能性が高いです。

というのも、その古いレコード盤には想像もしない価値があるかもしれないからです。

レコード盤のコレクターからすれば貴重なレコード盤であれば高く買取をしてもらえます。

ただ、売却するのは手間がかかり面倒だし廃棄した方が早いと思い込んでいる方もいますが、そんなことは無く、忙しいあなたでも極力、手間・労力が少なく売却できることをまずは知って欲しいです。

まず廃棄する前に、レコード盤を買取店に無料査定に出してみるのが良いでしょう。

無料査定可能!信頼実績のあるバイセルの特徴

  • 買取方法が「出張買取」「店頭買取」「宅配買取」と3つの方法がある
  • 携帯からでも通話料無料で24時間365日受付している
  • 商材知識や真贋鑑定について徹底教育がされた査定士だけが対応
  • 古いレコードも買取できる可能性がある
  • 宅配査定でも無料宅配キットがあるので段ボールの用意不要

レコード買取店大手のバイセルでは、レコード盤を売りたいと思っている方に極力負担無く買取が出来るように配慮されています。

特に忙しい方は宅配買取をしてもらいたいと考える方が多いでしょう。連絡する時間も24時間365日受付しており、自分の都合の良い日に連絡でいるのはいいですね。

また段ボールの用意が面倒な方は、無料宅配キットもあるので活用すれば手間がかからないのも良いですね。

バイセルの査定士は、商材知識や真贋鑑定をはじめ、挨拶や礼儀作法のマナーなども徹底的に教育されています。レコード盤の最新の相場価値を鑑みて査定されるので安心です。

もちろん査定は無料ですし、やっぱり売りたくないと心変わりして断っても大丈夫です。バイセルでは利用者の気持を何よりも大切にし、無理な交渉はしないので、信頼されているレコード買取店です。

レコード盤の廃棄をしてしまう前に、まずは気軽にバイセルで電話・メールで気軽に無料相談をしてみてから考えてみてはいかがでしょうか?

バイセルの公式サイトはこちら

コラム

レコード盤の処分方法について

リサイクル
地域のリサイクル施設に問い合わせて、レコードをリサイクルできるかどうかを確認しましょう。ビニール製のレコードは、熱で溶かして再利用されることがあります。リサイクル施設では、プラスチック製品としてリサイクルが可能な場合があります。

寄付
状態が良いレコードは、古物商、古本屋、リサイクルショップなどに寄付することができます。また、オンラインオークションやフリマアプリで無料で譲渡することもできます。これにより、音楽愛好家やコレクターに喜んでもらえることが期待できます。

売却
状態が良く価値のあるレコードは、リサイクルショップやレコード専門店で売却できます。また、オンラインオークションやフリマアプリを利用して個人間で取引することもできます。適切な価格設定と、レコードの状態を正確に記載することが大切です。

アップサイクル
レコードをアート作品やインテリアにアップサイクルすることで、新たな価値を生み出すことができます。例えば、レコードを壁掛けアートや時計、コースターなどにリメイクすることができます。インターネットやSNSでアイデアを見つけて、クリエイティブな作品に挑戦してみましょう。

イベントや交換会への持ち込み
レコード交換会や古物市などのイベントに参加し、他の参加者と交換したり販売することができます。同じ趣味を持つ人たちが集まる場であれば、レコードが適切な価値で取引されることが期待できます。

廃棄
最後の手段として、地域のゴミ処理ルールに従って適切に廃棄しましょう。レコードは一般的に「不燃ゴミ」として処理されることが多いですが、自治体によっては指定の日に出す必要がある場合もあります。確確認してから処分してください。また、大量のレコードを処分する場合は、事前に自治体やゴミ処理施設に相談して、適切な方法で処分しましょう。

レコードの処分方法を選ぶ際には、以下の点を考慮してください。

レコードの状態: 傷んでいるか、再生可能かどうかをチェックしましょう。状態が良いレコードは、売却や寄付が適切な選択肢となります。

レコードの価値: 希少性や人気度、アーティストの知名度などを考慮して、レコードの価値を評価しましょう。価値のあるレコードは、専門店やオンラインで売却することで適切な価格がつくことが期待できます。

環境への影響: 可能な限り環境に優しい方法を選びましょう。リサイクルやアップサイクルは、資源の再利用ができるため、環境にやさしい選択肢です。

自分の時間と労力: それぞれの処分方法には、手間や時間がかかる場合があります。自分に合った方法を選ぶことで、スムーズに処分が進むでしょう。

最適な処分方法は、レコードの状態や価値、環境への影響、手間や時間を総合的に考慮して決定しましょう。いずれの方法を選んでも、レコードに新たな価値を見出すことができれば、環境やコレクターにも喜ばれる結果となるでしょう。

 

レコード盤買取店の選び方

評判や口コミの調査: インターネット上の口コミサイトやSNSで、店舗の評判を確認しましょう。また、周囲の友人や知人が利用したことがあるお店の評価を聞くことも役立ちます。良い評価が多い店舗ほど、信頼性が高いと言えます。

レコードジャンルの専門性: 店舗がどのようなジャンルのレコードに強いかを確認しましょう。自分が売りたいレコードのジャンルに詳しい店舗を選ぶことで、適切な価格評価が期待できます。

買取価格の比較: 複数の店舗で査定を受けることで、価格を比較できます。ただし、価格だけでなく、査定員の対応や説明の丁寧さも重要です。最終的な選択は、これらの要素を総合的に判断しましょう。

査定方法の選択肢: 出張査定、宅配査定、持ち込み査定など、査定方法が複数ある店舗を選びましょう。自分の都合に合わせて査定方法を選べると、手間が省けます。

買取手続きの手間とスピード: 手続きが簡単でスピーディーな店舗が望ましいです。査定結果の説明が分かりやすく、対応が丁寧な店舗を選ぶことも大切です。

サポート体制: アフターサポートが整っている店舗を選びましょう。万が一トラブルが発生した際に、迅速かつ適切に対応してくれる店舗が安心です。

地域密着型の店舗: 近所のレコード買取店や地域密着型の店舗を利用することで、よりパーソナルな対応が期待できます。また、地元での評判も参考になります。

イベントへの参加: レコード買取イベントやフリーマーケットに参加している店舗は、多くのレコードを取り扱っており、専門性が高いことが期待できます。イベントでの買取は、直接査定員と交渉できるため、適切な価格設定が可能です。

オンライン買取サービス: インターネットを利用したレコード買取サービスも選択肢の一つです。宅配査定を利用することで、自宅から出ることなく買取手続きができます。ただし、オンライン買取サービスでは、対面での査定よりも価格が低くなる可能性があるため、注意が必要です。

メディアでの紹介: テレビや雑誌、インターネットメディアで紹介されている店舗は、その専門性や信頼性が高いと言えます。メディアで取り上げられた店舗の情報をチェックしてみましょう。

これらのポイントを総合的に考慮し、自分にとって最適なレコード買取店を選びましょう。適切な査定が行われることで、大切なレコードが適切な価格で買取されることが期待できます。また、信頼できる店舗を選ぶことで、安心して買取手続きを進めることができます。