ルイ・スミスのレコード買取相場価格を知って高値で売るには!? | 気になる口コミblog

ルイ・スミスのレコード買取相場価格を知って高値で売るには!?

Louis Smith(ルイ・スミス)のレコードを宅配買取で売りたいけど、査定額が不安で事前に把握したいと思っている方は多いですよね。対面買取は買取値段がすぐわかるので一番安心ですが、場所や時間の都合で宅配買取を利用する方が多いです。

そこで、当サイトでは宅配買取におけるリスクを軽減するため、厳選したレコード販売店を紹介します。

何も考えずに宅配買取を申し込んで損をしないためにも、以下の情報を必ず確認してから選ぶようにしましょう。

宅配買取で最も注意すべき点として、査定額についての説明

レコードの宅配買取において最も注意すべき点は、査定額が不明なままで送付することです。残念ながら、多くのレコード宅配買取サイトでは査定額が分かるのは実際に送ってからのことがほとんどです。当然ながら、この点がリスクとなります。宅配買取サイトを調べたところ、事前査定を行っているサイトはごくわずかでした。

事前査定は手間がかかり、また値段を事前に知ることで申し込みが少なくなる可能性があるため、事前査定を行わないレコード買取ショップが多いのが現状です。しかしながら、事前査定を行う買取店は自社の買取価格に自信と責任を持っていることを表しています。

初めてレコードの宅配買取を利用する方にとっては、事前査定を行っている買取業者を選ぶことをお勧めします。事前に買取額を把握することは大きなメリットであり、レコードの市場価格は日々変動するため、値段が付かないこともあることを考慮すると、必須といえます。

思い入れのあるレコードでも、個人的な感情で値段が付くわけではありません。希少性が高く、市場において需要が大きければ大きいほど、高値が付く傾向があります。これらのことから、宅配買取においては事前査定は重要です。また、買取額に関するトラブルを避けるためにも、事前査定が必要です。(しかし、なぜか宅配買取では事前査定を行っている買取業者は少ないのが現状です)

以上を踏まえて、事前査定を行っているレコード宅配買取の販売店を以下に紹介します。

「エコストアレコード」はレコード宅配買取においても、査定前に事前に買取額が分かるサービスを提供

エコストアレコード 公式サイト
レコードを宅配買取してもらう際、事前に買取価格を把握したい方におすすめなのが「エコストアレコード」です。

「エコストアレコード」には、以下の4つの特徴があります。

  1. 仮査定サービスをメールなどで行っている
  2. 本査定の時に納得いかない査定額の場合でも、返送料の負担なしで返送可能の場合がある
  3. NHK「おはよう日本」をはじめとする様々なメディアで紹介されるほどの有名買取ショップ
  4. 2021年度中古レコード買取満足度、高価買取価格満足度、信頼と安心の中古レコード買取店の3部門で2年連続No.1に選ばれた実績がある

エコストアレコードでは、仮査定サービスの申し込みがメールで行えます。これにより、事前にレコードの買取価格を把握することができ、自分が所有するレコードの市場価値を客観的に把握できます。

また、本査定の時に思ったより査定額が低く、売却を躊躇した場合でも、返送料を負担する必要なく返送可能な場合があります。このように、エコストアレコードは査定に関するリスクを軽減するための以下のような配慮がされています。

Q.金額に納得できなかった場合、返送してくれるの?

A.通常査定の場合、明細書の1項目でも(300円以上付いたタイトル、もしくはおまとめでお値段が付いた項目)お売りいただけるようでしたら、その他のお品物は送料弊社負担で返送させていただいております。

エコストアレコード公式サイトより引用

※ただし、すべてのレコードの返品またはエコストアレコードで何も買取りが発生しない状態での返送は、着払い返送(返送料全額負担)となるので注意をしてください。

エコストアレコードは、1品でも300円以上付いたタイトルを売ると、その他の品目について返品を希望する場合でも、送料を負担してくれるというメリットがあります。現在は返送料が高額になっているため、返送をしたい場合にはこれを利用することで、出費リスクを軽減できます。

このように、エコストアレコードは信頼できるレコード買取店であり、多くのメディアで紹介されていることから、その実績と信頼性が裏付けられています。

特に、レコードを宅配買取で利用するのが初めての方は、エコストアレコードを利用することをおすすめします。同社は宅配買取に伴うリスクを最小限に抑え、誠実な対応をすることで知られています。

エコストアレコードでは、仮査定サービスをメールなどで利用することができるため、事前に自分のレコードの買取価格を把握することができます。まずは気軽に査定を申し込んでみることをおすすめします。

\気軽に事前査定をしてみる方は以下からどうぞ/
エコストアレコード公式サイトはこちら

 

エコストアレコード買取の評判を確認

コラム

ルイ・スミス(Louis Smith)は、20世紀のジャズ・トランペット奏者の一人で、音楽評論家やファンから高く評価されているミュージシャンです。

ルイ・スミスは、1931年にアメリカ合衆国のテネシー州で生まれました。幼少期から音楽に親しみ、やがてトランペットを始めます。彼は若い頃から優れた才能を持ち、ジャズの世界で頭角を現すようになりました。

ルイ・スミスは、1950年代にニューヨークのジャズ・シーンでプロとしてのキャリアをスタートさせ、ジャズの重要なプレイヤーとして知られるようになりました。彼は、ジャズ界の重鎮であるジョージ・ロシャン、ホレス・シルヴァー、ケニー・ドーハム、シャーリー・スコット、ドクター・ロン・キャロル、エリック・ドルフィーなど、数多くの有名なミュージシャンたちと共演しました。

ルイ・スミスは、その明瞭で洗練された演奏スタイルで知られており、彼の音楽は、メロディアスで感情豊かなものとされています。彼の音楽性は、伝統的なジャズの要素とモダンなアプローチの融合によって生み出され、彼の作品は、ジャズの古典的な作品として多くの人々に愛されています。

ルイ・スミスは、数多くのアルバムをリリースし、その音楽性と演奏技術は多くの音楽評論家やファンから高く評価されています。彼はまた、教育者としても知られており、後進のジャズ・トランペット奏者たちにその知識や技術を伝えることにも力を注いでいました。

ルイ・スミスは、2009年に逝去しましたが、彼の音楽は未だに多くの人々に愛され、賞賛され続けています。

ルイ・スミス(Louis Smith)の中でも、特に高く評価されているレコードはいくつかあります。以下にいくつかの例を挙げてみます。

“Here Comes Louis Smith” (1958年) – ルイ・スミスのデビューアルバムであり、ジャズのスタンダードナンバーを中心に構成された作品です。ルイ・スミスの美しいトランペットの音色と彼の独自のアレンジが高く評価されています。

“Smithville” (1958年) – ルイ・スミスが、ジョン・コルトレーンやソニー・ロリンズらと共演したアルバムであり、バラードからアップテンポの曲まで幅広いジャンルの曲が収録されています。彼の美しいトランペットの音色と独自のアプローチが光る作品として知られています。

“Louis Smith Quartet” (1980年) – ルイ・スミスが長年かけて熟成させた彼独自のスタイルが反映されたアルバムで、彼のトランペットの音色やリズミカルなフレーズが魅力的な作品として評価されています。

“Louis Smith All Stars” (1990年) – ルイ・スミスが率いるオールスターバンドによる作品で、ジャズのスタンダードナンバーからオリジナル曲まで様々な曲が収録されています。ルイ・スミスのトランペットの音色が際立つ作品として高く評価されています。