ジミ・ヘンドリックスのレコードを買取相場価格を事前に確認してから売りたいと考えているならこちら! | 気になる口コミ・評判blog

ジミ・ヘンドリックスのレコードを買取相場価格を事前に確認してから売りたいと考えているならこちら!

ジミ・ヘンドリックス Jimi Hendrix レコード 買取
当サイトはプロモーションが含まれています。

Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)のレコードを宅配買取に出す際、事前に買取価格をおおよそ把握してから売りたい方は非常に多いです。

理想的なのは、対面買取で提示される金額に納得できた上でレコードを買い取ってもらうことですが、場所や時間の制約があるため、宅配買取を利用したい方が多くなっています。

そこで、当サイトでは宅配買取を利用する際にリスクを最小限に抑え、レコード買取を希望する方に確実に知っておいて欲しい厳選されたレコード販売店をご紹介します。

安易に宅配買取を申し込むことで損をしないためにも、ぜひ以下の情報をチェックしてください。

レコード宅配買取で最も重要なリスクを説明します!

ジミ・ヘンドリックス Jimi Hendrix レコード 買取 リスク

レコードの宅配買取において最もリスクが高いのは査定金額です。宅配買取では、送付した後に査定額が判明することがほとんどです。多数のレコード宅配買取のサイトを調べたところ、事前査定を実施している買取店は非常に少ないことがわかりました。

実際、事前査定は手間がかかり、価格が事前に知られることで申し込みが減る可能性があるため、積極的に行っていないレコード買取店が多いのではないかと思います。

しかし、事前査定を行うことは、買取価格に対して自社が「自信と責任」を持っているとも言えます。そのため、特に初めてレコードの宅配買取を利用する方は、「事前査定」を実施している買取業者を選ぶことがおすすめです。

事前に大まかな買取価格がわかることは大きな利点です。レコードの市場価格は日々変化し、自分が高値で売れると思っていたレコードであっても、価格がつかないことがあります。

個人的な思い入れで値段が決まるのではなく、希少性が高くレコード市場での需要が大きいほど、高値が付く傾向があります。

このため、宅配買取では「事前査定」が欠かせないと言っても過言ではありません。また、買取価格に関するトラブルを回避するためにも、事前査定は重要です。(重要であるにも関わらず、宅配買取で事前査定を行っている業者が少ないのは不思議ですが…

これらを考慮して、レコード宅配買取を利用する際に事前査定が可能な買取店2つを以下かから紹介します。

レコード宅配買取をする際に事前査定が可能な買取店2つを比較

バイセル エコストアレコード 比較

まずレコード宅配買取において、事前査定が可能な数少ない買取店2つを比較してみました。

1.バイセル 2.エコストアレコード
事前査定 あり あり
買取実績 累計2,700万点以上 累計1,500万点以上
査定料 無料 無料
買取り方法 宅配買取・出張買取・店頭買取 宅配買取・出張買取・店頭買取
宅配対応エリア 全国 全国
無料宅配キット あり あり
店頭買取エリア 東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・愛知県・大阪府・宮城県 東京都
出張対応エリア 全国※離島を除く 全国※買取枚数が少ない場合不可となる可能性あり
公式サイトURL https://campaigns.speed-kaitori.jp/ https://ecostorecom.jp/

1.バイセル

バイセル公式サイト

  • 商材知識や真贋鑑定などの徹底的な教育を受けた査定士が対応
  • 古いレコードの買取も可能
  • WEBや電話で事前の査定が可能
  • 24時間365日、携帯からでも通話料無料で受付可能

大手のレコード買取店バイセルは、利用者の負担を最小限に抑えるために、さまざまな配慮がなされています。

特に忙しい人にとっては24時間365日、携帯電話からでも通話料無料で受け付けているのは大きなメリットです。また、宅配買取を利用する場合には、無料の宅配キットが用意されており、段ボールを用意する手間も省けます。

バイセルの査定士は、商材知識や真贋鑑定などの教育を徹底的に受けており、ジミ・ヘンドリックスのレコード最新相場価格を正確に査定してくれます。

査定はもちろん無料で、売りたくないと思った場合には、無理な交渉をすることなく利用者の気持ちを尊重してくれるため、安心して相談できます。

ジミ・ヘンドリックスのレコードを売却する前には、まずバイセルで気軽に無料査定を受けてみることをおすすめします。

\24時間365日携帯からでも通話料無料で受付/
バイセルの公式サイトはこちら

2.エコストアレコード

エコストアレコード 公式サイト

レコード宅配買取で希少な「事前査定」を提供しているショップ、「エコストアレコード」をご紹介します。

「エコストアレコード」の主要な特徴は以下の通りです。

  • メール等で仮査定サービスを提供
  • 本査定で納得できない査定額の場合、返送料負担なしで返送が可能なケースがある
  • NHK「おはよう日本」など、多くのメディアで取り上げられる有名な買取ショップ
  • 2021年度の中古レコード買取満足度、高価買取価格満足度、信頼と安心の中古レコード買取店の3部門で2年連続No.1に輝いた実績がある

以下で、上記の特徴を詳しく説明します。

エコストアレコードでは、メールなどを利用して仮査定サービスの申し込みが可能です。これにより、事前にレコードの買取価格をおおよそ把握できるため、自分のレコードが市場でどの程度の価値があるのか客観的に理解できる利点があります。

また、本査定時に想定よりも低い金額が付いて売りたくない場合でも、エコストアレコードでは一定の条件下で返送料が無料となる配慮がされています。

Q.金額に納得できなかった場合、返送してくれるの?

A.通常査定の場合、明細書の1項目でも(300円以上付いたタイトル、もしくはおまとめでお値段が付いた項目)お売りいただけるようでしたら、その他のお品物は送料弊社負担で返送させていただいております。

エコストアレコード公式サイトより引用

※ただし、すべてのレコードの返品またはエコストアレコードで何も買取りが発生しない状態での返送は、着払い返送(返送料全額負担)となるので注意をしてください。

つまり、1枚でも300円以上の査定額が付いたタイトルを売れば、他の返品希望のレコードに関しては返送料を負担してくれるということです。

現在の返送料は高くなっているため、もし返送が必要になった場合でも、エコストアレコードを利用することで出費のリスクを軽減できるように配慮されています。

エコストアレコードは実績のあるレコード買取店であり、さまざまなメディアで紹介されており、その信頼性と実績が裏付けられています。

特にエコストアレコードを利用することがおすすめなのは、レコードの宅配買取を初めて検討している方です。宅配買取に伴うリスクを最小限に抑え、誠実な対応が行われているからです。

ますはメールなどを使って気軽にジミ・ヘンドリックスのレコードの事前仮査定を試してみると良いでしょう。

\気軽に事前査定をしてみる方は以下からどうぞ/
エコストアレコード公式サイトはこちら

 

エコストアレコード買取の評判を確認

【買取価格例】ジミ・ヘンドリックスのレコード

「エコストアレコード」でのジミ・ヘンドリックスのレコード買取価格を調べてみました。買取を検討している方は、参考にしてください。

レコード名 型番など 買取価格
ジミ・ヘンドリックス / ジミ・ヘンドリックスの想い出 JIMI HENDRIX LEGACY POLYDOR MP 9357,8 1,000円
ジミ・ヘンドリックス / ワイト島のジミ・ヘンドリックス JIMI HENDRIX ISLE OF WIGHT POLYDOR MPX 4012 / JIMI HENDRIX ROOTS OF ROCK SERIES 500円以上
在庫数・レコードの需要など時期によって、上記買取価格は変動します。正確な買取価格を知りたい方は、無料仮査定サービスを利用しましょう。また、上記には無い自分の所持しているレコードで、買取価格が気になるものもあれば、気軽に無料仮査定サービスで確認するとよいでしょう。
\気軽に事前「無料」査定をする方は以下からどうぞ/
エコストアレコード公式サイトはこちら

コラム

ジミ・ヘンドリックス Jimi Hendrix レコード 買取 コラム

Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)は、1942年にアメリカのシアトルで生まれた伝説的なギタリストで、彼の革新的なプレイスタイルやパフォーマンスは、ロック史に名を刻むほど影響力がありました。彼は、1960年代後半に活躍し、エレクトリック・ギターの可能性を広げ、多くのミュージシャンに影響を与えました。

ヘンドリックスは、最初にR&Bバンドで活動を始め、その後ロンドンへ移住し、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスを結成しました。バンドは、ノエル・レディング(ベース)とミッチ・ミッチェル(ドラムス)の二人と共に、短期間で大成功を収めました。

彼のデビューアルバム『アー・ユー・エクスペリエンスト?』(1967年)は、彼の独自のギター・プレイと歌詞の世界観が詰まった作品で、多くのヒット曲を生み出しました。その後も『アクシス: ボールド・アズ・ラブ』(1967年)や『エレクトリック・レディランド』(1968年)といった名盤をリリースし、その革新性と才能を世界に広めました。

ジミ・ヘンドリックスは、フィードバックやディストーションを駆使した独特なギター・サウンドで知られ、ワウペダルやオクターバーなどのエフェクターを多用しました。また、彼は左利きのギタリストでありながら、右利き用のストラトキャスターを逆さにして弾いていたことも特徴のひとつです。

彼はまた、ウッドストック・フェスティバルやモントレー・ポップ・フェスティバルなど、歴史的なライブで数々の伝説的なパフォーマンスを残しています。特にモントレーでの「ワイルド・シング」のパフォーマンスでは、ギターを炎上させるシーンが有名です。

しかし、彼のキャリアは短命に終わり、1970年に27歳で亡くなりました。その後も、彼の音楽は世界中のファンなどに多大な影響を与えています。

 

Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)の中でも価値の高いレコードは、初期プレス盤、限定盤、プロモーション盤などがあります。以下にいくつかの例を紹介します。

『Are You Experienced』(1967年) – ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのデビューアルバムで、初期プレス盤やモノラル・バージョンが特に価値があります。また、アメリカ盤とイギリス盤では収録曲が異なりますので、両方の初回プレスをコレクションするファンもいます。

 

『Axis: Bold as Love(アクシス:ボールド・アズ・ラヴ)』(1967年) -ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)のバンド、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス(The Jimi Hendrix Experience)のセカンド・アルバムです。1967年12月1日にイギリスでリリースされ、1968年1月15日にはアメリカでリリースされました。プロデューサーはチャス・チャンドラー(Chas Chandler)で、エンジニアはエディ・クレイマー(Eddie Kramer)でした。このアルバムは、ヘンドリックスの才能をさらに広め、彼の名声を高めるきっかけとなりました。

「アクシス:ボールド・アズ・ラヴ」は、エクスペリエンスのデビューアルバム「Are You Experienced」の成功を受けて制作されました。このアルバムでは、ヘンドリックスのギター演奏と歌唱スタイルがさらに磨かれ、彼のサイケデリックでカラフルな音楽世界がより一層引き立てられています。また、歌詞の面でも哲学的で抽象的な内容が多く、彼の音楽哲学が色濃く反映されています。

アートワークについても言及する価値があります。アルバムのジャケットデザインは、イギリスのアーティスト、デヴィッド・キング(David King)とロジャー・ロウソン(Roger Law)によって制作されました。

カラフルでサイケデリックなイメージが特徴で、ヘンドリックスとバンドメンバーがヒンドゥー教の神々のように描かれています。このデザインは、アルバムの音楽性や当時のサイケデリック・ムーヴメントと共鳴し、アルバムの印象を一層引き立てています。

しかし、このアートワークは、ジミ・ヘンドリックス自身が当初望んでいたものとは異なるものでした。彼は、インドの文化や宗教とは無関係なデザインを希望していましたが、レコード会社の意向によってこのデザインが採用されました。

「アクシス:ボールド・アズ・ラヴ」は、批評家から高い評価を受け、多くのミュージシャンに影響を与えました。アルバムは、ビルボードアルバムチャートで最高3位を記録し、その後も長くチャートに留まりました。また、ローリング・ストーン誌が選ぶ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」では82位にランクインしています。

このアルバムを通して、ジミ・ヘンドリックスはギタープレイや音楽的表現力の幅を広げ、ロック史に名を刻むことになります。彼の多彩なギターテクニックや革新的な音楽性は、後の世代に多大な影響を与え続けています。「アクシス:ボールド・アズ・ラヴ」は、ジミ・ヘンドリックスのキャリアの中でも特に重要な作品の1つとされており、彼の音楽的遺産を象徴するアルバムです。

 

『Electric Ladyland(エレクトリック・レディランド)』(1968年) -ジミ・ヘンドリックスのバンド、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス(The Jimi Hendrix Experience)の3枚目で最後のスタジオ・アルバムです。1968年10月にリリースされました。このアルバムは、ヘンドリックスが自らプロデュースを手がけ、レコーディング・エンジニアとしてエディ・クレイマー(Eddie Kramer)が参加しています。

エレクトリック・レディランドは、前作「Axis: Bold as Love」と比べてより実験的で多彩な音楽性を展開し、ジャムセッションを取り入れたり、多くのゲストミュージシャンを招いています。このアルバムでは、ジャズ、ブルース、サイケデリック・ロック、ハード・ロック、ファンク、フォークなど、多様なジャンルが融合されています。

アルバムカバーは、イギリスとアメリカで異なるデザインが採用されました。イギリス版は、写真家デイヴィッド・モンゴメリー(David Montgomery)が撮影した、19人の裸の女性たちが写ったコントロヴァーシャルな写真が使用されています。このデザインは、当時物議を醸すことになりました。一方、アメリカ版のカバーは、カール・フェリス(Karl Ferris)によるヘンドリックス、ノエル・レディング、ミッチ・ミッチェルの3人が写るサイケデリックなデザインが採用されました。ヘンドリックス自身は、イギリス版のカバーには不満を持っていたとされています。

エレクトリック・レディランドは、商業的にも成功を収め、1968年11月には全米アルバムチャートで1位を獲得しました。また、批評家からも高い評価を受け、ローリング・ストーン誌が選ぶ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」では54位にランクインしています。

このアルバムは、ジミ・ヘンドリックスの音楽的才能の幅を最大限に引き出し、彼のキャリアの中でも最も重要な作品の一つとされています。多様な音楽スタイルや実験的なアプローチ、そしてその卓越したギタープレイによって、後の世代のミュージシャンたちに大きな影響を与え続けています。エレクトリック・レディランドは、ジミ・ヘンドリックスの音楽的遺産の中心的なアルバムであり、彼がロック史に名を刻む要因の一つとなりました。

 

『Band of Gypsys』(1970年) – ジミ・ヘンドリックスがバディ・マイルスとビリー・コックスと組んだバンド、バンド・オブ・ジプシーズの唯一のスタジオ・アルバム。初回プレス盤やプロモーション盤が価値があります。