エコストアレコード買取の評判だけは絶対に確認!【口コミまとめ】 | 気になる口コミblog

エコストアレコード買取の評判だけは絶対に確認!【口コミまとめ】

エコストアレコード 買取 評判 レコード買取

Ecostore Records(エコストアレコード)は鑑定歴30年、買取枚数1500万枚の実績に基づく商品データベースと、経験豊富な査定士の目利きにより、正確な商品情報で査定するレコード買取店として評価が高いです。

そんなエコストアレコードですが、気になるのは口コミでの評判ではないでしょうか?

そこで当サイトでは、良い口コミから中立~悪い評判まで包み隠さず、中立的な立場に立って口コミをまとめてみました。

エコストアレコードの口コミを良く確認せずに利用して、損をしてしまう前に以下より読み進めてみてください。

\気軽に無料事前査定をしてみる方は以下からどうぞ/
エコストアレコード公式サイトはこちら

エコストアレコードの確認しておきたい情報まとめ

エコストアレコード 情報 まとめ
口コミを紹介する前に、エコストアレコードのことについて、知っておきたい重要なことを表にまとめてみました。知らない事がないか、よく確認して下さいね。

買取会社名 FTF株式会社
買取実績 累計1,500万点以上
査定料 無料
買取方法 宅配買取・店頭買取・出張買取
宅配対応エリア 全国
事前査定 仮査定可能
無料宅配キット あり
店頭買取エリア 東京都
出張対応エリア 全国※買取枚数が少ない場合不可となる可能性あり
キャンセル時の返送料 300円以上付いたタイトルを1枚でも売った場合、他の返品してもらいたいレコードは、返送料無料
会社ホームページ https://ecostorecom.jp/
買取先 公式サイトはこちら

エコストアレコードの中立~悪い口コミでの評判

Ecostore Records エコストアレコード 悪い口コミ 評判

口コミの評判の中でも一番気になるのが、悪い口コミですよね。お忙しい方も多いかと思いますので、まずはエコストアレコードの悪い口コミを取り上げてみたいと思います。

HPでNHKで紹介されましたというキャッチコピーを見て、信頼できるお店だと思い、レコード、カセット、CD、音楽関連書籍、合計40枚くらいの宅配買取を依頼しましたが、査定結果は0円という衝撃の結果でした。

引用元:Googleのクチコミ

「査定結果は0円という衝撃の結果でした」とのこと。確かに期待していた結果とは違い、がっかりされたかもしれませんね。「現時点の」市場では価値を認められなかったということを示していると考えられます。

 

対策としては、エコストアレコードで行っている事前見積もりを活用し、自身のレコードの「現時点の」価値をある程度、把握するようにすると良いかもしれません。

 

今回、レコード(LP、EP)、CD(8cm、12cm)合わせて364枚を宅配買取でお願いしましたが、査定金額は¥4,630と予想より遥に低い結果でした。

引用元:Googleのクチコミ

「364枚を宅配買取でお願いしました」とありますが、レコードやCDの数が多ければ高額査定につながるわけではなく、その中に含まれる各アイテムの市場価値などによって、査定金額は大きく変わるという点を理解することが重要です。

 

対策として、所持しているレコードの中でも、価値のありそうなものをいくつかピックアップして、事前査定を依頼してみると良いでしょう。

 

ピックアップしたレコードの事前査定の結果が、自分の納得の行く値段かを確認しておくと、今回のようなことは避けられたのかもしれません。

 

悪い口コミについてまとめ

エコストアレコード 買取 評判 悪い口コミ

悪い口コミは、基本的に「査定額が低い」との声です。レコードの買取額は変動が結構あるので、時期によっては値段が思ったより付かない時があります。

その理由として「レコードの需要」や「レコード買取店が所持する在庫数」は日々変動しているので、時期によって想定より低く査定されてしまう場合もあるわけです。このことはエコストアレコードに限らず、他の買取り店でも同じです。

その解決策として考えられるのが、エコストアレコードではメールなどで事前査定を行っているので、まずは事前に買い取ってもらいたいレコードを査定してもらうと良いでしょう。

買取してもらいたいレコードが数が多い場合は、特に自分が所持している中でも価値が高いであろうレコードをピックアップし、事前査定に出してみて現状どのくらいの価値があるのか確認をしてみるのも手です。

そこで自分の想定内の仮査定額であれば、郵送をして本査定してもらうという流れが良いかと思います。

事前査定を挟むため少々手間はかかりますが、本査定額に納得がいかない場合の返送費用負担のリスクを考えると、利用を検討すると良いでしょう。

次は良い口コミについて確認して行きましょう。

エコストアレコードの口コミでの評判

Ecostore Records エコストアレコード 口コミ 評判

ここからは良いエコストアレコードの良い口コミについてまとめていきます。

【買取値段】に関する口コミ

査定価格は大体予想通り

主に80年代ニューウェーヴのレコード中心に100枚ほど持ちこみました。査定価格は大体予想通りで、特に不満は無いです。

引用元:Googleのクチコミ

「査定価格は大体予想通り」とあり、エコストアレコードの査定価格は公正であると感じられたようですね。80年代ニューウェーヴのレコードは、その時代を象徴するアイテムであり、音楽愛好家からの需要も高いと言えます。

 

そのため、期待された査定価格が出たことは、エコストアレコードが市場価格を正確に評価している証拠とも言えるでしょう。

 

高額な評価がつきました

200枚ほどお送りしたら レコードに高額な評価がつきました 2万5000円の評価がついた レコード も 1枚ありました 業界トップの買取店であることは間違いありません 古き良き時代のレコードをお持ちの方にお勧めします

引用元:Googleのクチコミ

エコストアレコード 買取 評判 コメント

「2万5000円の評価がついた レコード も 1枚ありました」とありエコストアレコードがこの評価額をつけたことは、そのレコードが非常に価値のあるものであったことを示しています。

 

また「業界トップの買取店であることは間違いありません」との評価も、エコストアレコードが市場の動向を細かくチェックし、それを査定に反映しているということの確信を表しています。

 

これは、エコストアレコードがレコードの価値を適切に評価し、高額な査定を出すことを証明していますね。

 

このように買取してもらいたいレコードの需要や、買取店の在庫数などがかみ合えば、相応以上の値段が付くことがわかります。

 

やはりレコードの最新の買取値段を把握することが大切であることがここでわかりますね。このことから、まずは無料事前査定を利用してから検討すると良いでしょう。

 

【対応】に関する口コミ

めちゃ対応早い

口コミからは、エコストアレコードの迅速な対応力がうかがえますね。お昼休みに査定結果の連絡があり、すぐに振り込みが行われたということは、非常に効率的な業務運営が行われている証拠です。

 

レコード買取を頼む際には、迅速な対応はとても重要な要素です。エコストアレコードはその点で非常に高い評価を得ていますね。

 

他店と比べて対応がとっても素晴らしい

問い合わせに対する電話対応や、出張買い取りに来ていただいた方の態度は、他店と比べてもとっても素晴らしいです。

引用元:Googleのクチコミ

エコストアレコード 買取 評判 コメント

「他店と比べてもとっても素晴らしいです」とあり電話対応や出張買取スタッフの態度が、他店と比べても優れているとのことから、エコストアレコードは顧客対応にも非常に気を使っていると言えます。

 

利用者にとっては、ただ高額査定をするだけでなく、優れた対応による安心感も非常に大切です。

 

このような迅速かつ安心感のある対応をしてくれると、事前査定をしてみて納得がいけば郵送をし、さらに本査定の値段に納得がいけば、買取をしてもらう、という流れがしやすい環境があると言えますね。

 

【査定の詳細さ】に関する口コミ

しっかりした査定明細には、驚きました

とにかく、買取連絡から梱包材到着、引き取り、査定明細、入金まで、
なんのストレスもなく完了いたしました。しっかりした査定明細には、驚きました。

引用元:Googleのクチコミ

エコストアレコード 買取 評判 コメント

「しっかりした査定明細には、驚きました。」という部分は、エコストアレコードがしっかりとレコード一枚一枚を見て、どれくらいの値段がついたかを詳しく説明してくれたことに、驚きと満足感を感じたのでしょう。

 

自分のレコードがどのように評価されたのかを、明確に理解できたことによって、利用者の信頼を得ることに成功しています。

 

これらのことから、エコストアレコードは利用者が安心してレコードを売れるように、わかりやすい公正な査定の配慮をしていると言えますね。

 

買取価格も細かく教えてくれる

電話対応も丁寧。
買取価格も細かく教えてくれるのでレコードに詳しくない自分には頼りになります。

引用元:Googleのクチコミ

エコストアレコード 買取 評判 コメント

「買取価格も細かく教えてくれる」という部分に注目してみましょう。この言葉は、エコストアレコードがレコードの査定について、どのレコードがどのくらいの価格で評価されたのか、細かく説明してくれることを示していますね。

 

これはレコードについて詳しくないお客さんでも、自分のレコードのどれが評価されたのかが、わかりやすくなるということです。適当にどんぶり勘定で値を付けられると、いい加減な査定をしているのではないか?と不信感を抱きますからね。

 

またこのように、細かく買取価格を提示するということは、正当な買取額で買い取っているという、自信があると考えられますね。

 

その他の口コミ

買取いただくものと返却してほしいものと選ぶことができた

梱包資材(ガムテープとボールペンまで!)を送っていただき、至れり尽くせりのうえ、査定結果も他社さんに比べると高くつけてくれました。
査定後の対応でも、買取いただくものと返却してほしいものと選ぶことができたので良かったです。

引用元:Googleのクチコミ

エコストアレコード 買取 評判 コメント

査定後に売りたいものと、返却してほしいものを選べるのはいいですね。やはり自分では納得のいかない値段が付いたレコードは、返却してほしいと思う時ってありますからね。

 

このことからエコストアレコードは、利用者の意思を尊重し、気持ちをよく理解している証拠と言えます。

 

エコストアレコードの口コミでの評判まとめ

Ecostore Records エコストアレコード 口コミ 評判 まとめ

  • 買取額が思ったより低かった
  • 対応が丁寧で早い
  • 買取額が細かくわかって便利
  • 宅配買取では梱包資材があって助かる

買取額が思ったより低かったとの声はありますが、ここが気になる方は事前査定をしてある程度の値段を確認してから利用すれば、リスク軽減ができます。

やはりレコードの相場の変動は結構あるので、心配な方はチェックしておきたいですね。

口コミでは査定額に関すること以外は、全体的に評価が高く対応も早く丁寧などの声が多数でした。

エコストアレコードをおすすめする人

エコストアレコード 公式エコストアレコード 公式サイト

  • 事前査定である程度査定額を把握してから買取してもらいたい方
  • レコードの価値も熟知した鑑定歴20年超のベテランスタッフによる丁寧な査定をしてもらいたい方
  • 宅配買取・出張買取・店頭買取と買取方法が充実しているところを利用したい方
  • 宅配買取の際、無料で段ボールなどを用意してもらいたい方

エコストアレコードでは相談無料、仮査定無料・出張査定料無料・宅配送料無料となっています。

さらに査定額に納得いかない場合の、キャンセル時の返送料までも無料です。※300円以上付いたタイトルを1枚でも売った場合

レコードの買取をしてもらいたい方に配慮した体制を、十分に整えているのが特徴です。

余分な手間・出費を抑えて買取をしてもらうことができますので、まずは気軽な気持ちで、無料事前査定をしてみるのも良いでしょう。

\気軽に無料事前査定をしてみる方は以下からどうぞ/
エコストアレコード公式サイトはこちら

 

まとめ

エコストアレコードの口コミでの評判についてまとめてみました。エコストアレコードでは、初めてレコード買取をしてもらいたいと考えている方に、配慮した体制を整えている印象が強かったです。

まずはエコストアレコードの事前査定などを利用して、最新のレコードの買取価格を確認してみたりと、上手に活用していくと良いですね。

お忙しい中、最後までご覧いただきありがとうございました。

エコストアレコードの買取会社情報

買取会社名 FTF株式会社
買取会社住所 〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-4-9-101
買取会社ホームページ  エコストアレコード |レコード宅配買取件数 全国1位 – NHKおはよう日本で紹介!

コラム

エコストアレコード 買取 評判 コラム

レコードを高く買い取ってもらうには、5つのポイントがあります

1.コンディションの良さを重視する
レコードの状態は、買取価格に大きく影響します。傷や汚れが少なく、ジャケットや内袋も綺麗なものは、高く買い取ってもらえる傾向があります。また、オリジナル盤であることや、プロモーション盤であることも買取価格に影響するので、そういったものを持っている場合は特に高く売れる可能性があります。

2.希少性や需要を考える
レコードの希少性や需要が高いものは、高く買い取ってもらえることがあります。たとえば、限定盤やコレクターズ・アイテム、あるいはレア盤などは需要が高く、市場価格が上昇する傾向があります。また、特定のアーティストやレーベルのコレクションが揃っている場合も、高額で買い取ってもらえることがあります。

3.買取業者を比較する
買取業者によって、買取価格が大きく異なることがあります。そのため、複数の業者を比較して、一番高く買い取ってもらえる業者を選ぶことが重要です。また、宅配買取を利用する場合は、送料や手数料、振込手数料なども確認し、手数料の高い業者は避けるようにしましょう。
4.まとめて売る
レコードをまとめて売る場合、一つあたりの買取価格が高くなることがあります。そのため、できるだけまとめて売るようにしましょう。ただし、あまりにも大量にまとめて売ると、一つあたりの価格が下がることがあるので、適度な量でまとめて売るようにしましょう。

5.買取価格交渉に挑戦する
買取価格に納得できない場合は、交渉してみることもできます。ただし、あまりにも無理な値段を要求すると、業者から買い取りを断られることもあります。

高い買取額が付きやすいレコードには4つの特徴があります

1.希少性が高いもの
希少性の高いレコードは、一般的に高い買取額が付きます。希少性が高い理由は、製造数が少ない、生産中止になっている、限定版であるなどが挙げられます。例えば、ジャズの世界では、ブルーノートやプレスティッジといったレーベルの初期盤や、名門レコード店でしか買えなかった限定盤などが高値で取引されます。

2.コンディションが良いもの
レコードのコンディションが良いほど、買取額が高くなる傾向があります。コンディションが良いということは、レコードの傷や汚れが少ないことを指します。レコードはプレーヤーで再生するため、傷や汚れがあると音飛びやノイズが発生します。そのため、コンディションの良いレコードは希少価値が高まり、高額で買取される傾向があります。

3.音源の質が高いもの
音源の質が高いレコードは、一般的に高い評価を受け、高額で取引される傾向があります。例えば、録音が最新技術で行われたデジタル録音のレコードは、一般的に高音質で評価が高く、高値で取引される傾向があります。

4.アーティストの人気や評価が高いもの
アーティストの人気や評価が高いレコードは、需要が高まり、高値で取引される傾向があります。例えば、ビートルズやローリング・ストーンズなど、世界的に有名なアーティストのレコードは、需要が高く、高値で取引されることが多いです。

これらの特徴を持つレコードは、高い買取額が付きやすい傾向があります。ただし、レコードの価値は常に変動しているため、買取店によっては価格が異なることがあります。そのため、複数の買取店で査定を受けることが重要です。

高値取引になりやすいレコードタイトル例
※価値は日々変動するので、時期によっては必ず高値になるわけではない点に注意してください。あくまでも参考程度にして下さい。

The Beatles(ザ・ビートルズ)
「MEET THE BEATLES!」(1964年):「MEET THE BEATLES!」は、ビートルズの2枚目のアメリカ盤アルバムであり、1964年にキャピトル・レコードから発売されました。アメリカにおいてビートルズを爆発的にブレイクさせた作品の一つであり、後に「British Invasion(イギリス侵略)」と呼ばれる音楽ブームの火付け役となりました。

収録曲は、英国盤の「With The Beatles(ウィズ・ザ・ビートルズ)」に収録された曲のうち、一部がカットされ、代わりにシングル曲「I Want to Hold Your Hand」と「I Saw Her Standing There」が収録されました。また、アルバムジャケットも英国盤の「With The Beatles」の写真を使用しており、細部が異なるものの、全体的なデザインはほぼ同じです。

「MEET THE BEATLES!」は、ビートルズの初期の代表作の一つであり、特にアメリカでの成功によって歴史的な意義を持ちます。また、ビートルズという伝説的なバンドのアルバムということもあり、高いコレクターズ・アイテムとしても知られています。

価値の高い「MEET THE BEATLES!」は、初版のうち「ブラック・レーベル」や「レコードのセンターにリボンが印刷されたもの」、「ステレオ版」などが挙げられます。また、アルバムジャケットの状態やコンディションも価値に影響します。初版かどうか、盤面の状態、帯やオビ、付属品の有無や状態なども評価されます。

なお、「MEET THE BEATLES!」はキャピトル・レコードから発売されたアメリカ盤アルバムであるため、英国盤の「With The Beatles」よりも市場価値が低い傾向があります。しかし、ビートルズファンの間では、アメリカ盤にしか収録されていないシングル曲が含まれているため、アメリカ盤にも高い評価があります。

その他、「Please Please Me」(1963年)、「Introducing… The Beatles」(1964年)、「The Beatles (White Album)」(1968年)など

Pink Floyd(ピンク・フロイド)
ピンク・フロイドの貴重なレコードとしては、1975年にリリースされたアルバム『The Wall』が挙げられます。このアルバムは全世界で2億枚以上の売り上げを記録し、アルバムチャートでも長期間にわたって高い順位を維持しました。特に初回プレスのアナログ盤は、その価値は高まる一方と評価されています。

一方、初期のアルバムである『The Piper at the Gates of Dawn』も注目すべき価値があります。1967年のリリース当初は、まだピンク・フロイドが一般的に知られていなかったため、初回プレスの生産量は現在の人気と比べて少なかったと推測されます。このレアなアイテムはコレクターの間でも非常に評価が高く、市場価値も相応に高いと言われています。

そして、1973年の名盤『The Dark Side of the Moon』についても忘れてはなりません。このアルバムは全世界で4億5千万枚以上売れ、ピンク・フロイドの代表作とも言えるでしょう。特に初回プレスの盤は高い音質とともに、現在でもコレクターズアイテムとして熱い支持を受けています。

Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)
レッド・ツェッペリンの貴重なレコードについて語る上で、忘れてはならないのが彼らのデビューアルバム『Led Zeppelin』です。1969年にリリースされ、ロックの歴史に名を刻んだこの作品は、オリジナルの初回プレス盤がレコードコレクターの間で非常に高い評価を受けています。

もう一つ、高価なレコードとして知られているのが『Led Zeppelin II』です。このアルバムは、ロバート・プラントの独特なヴォーカルとジミー・ペイジの卓越したギタープレイが詰まった、彼らの代表作の一つとされています。特に初回プレスのものは、その音質の良さと希少性から、非常に高い価格で取引されていると言われています。

1971年にリリースされたアルバム『Led Zeppelin IV』も見逃せません。このアルバムは全世界で3億7千万枚以上売れ、”Stairway to Heaven”などのヒット曲を収録していることでも知られています。特にこの曲が収録された初回プレスの盤は、レッド・ツェッペリンの象徴とも言える存在で、その価値は計り知れません。

Miles Davis(マイルス・デイヴィス)
マイルス・デイヴィスのレコードの中でも特に価値が高いとされるのは、1959年にリリースされたアルバム『Kind of Blue』です。ジャズの歴史上、最も影響力のあるアルバムとも評され、その影響はジャズだけでなく、音楽全体に及ぶと言われています。オリジナルの初回プレス盤は、その音質と歴史的価値から、レコードコレクターにとっての究極のアイテムと言えるでしょう。

一方で、マイルス・デイヴィスが最も革新的だったとされる1970年のアルバム『Bitches Brew』も見逃せません。ジャズとロックを融合させたこの作品は、マイルス・デイヴィスの音楽性の幅広さを感じさせてくれます。初回プレス盤はその特異なアートワークと共に、その価値は非常に高いとされています。

さらに、マイルス・デイヴィスがクインテットを組んでいた時期のアルバム『’Round About Midnight』もその価値は計り知れません。1957年にリリースされたこのアルバムは、マイルス・デイヴィスがハードバップに向かっていく過渡期の作品とされています。オリジナルの初回プレス盤は、その音楽的な価値と歴史的な価値を兼ね備えています。

The Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)
ザ・ローリング・ストーンズの価値の高いレコードについて述べる際には、1969年リリースのアルバム『Let It Bleed』を見逃すことはできません。このアルバムは「Gimme Shelter」や「You Can’t Always Get What You Want」などのヒット曲を含む、ストーンズのアルバム中でも特に人気のある作品です。初回プレスのモノラル盤は、その音質の優れさと希少性から、レコードコレクターにとって非常に価値が高いと評価されています。

1971年にリリースされたアルバム『Sticky Fingers』も同様に価値が高いとされています。このアルバムのジャケットは、アンディ・ウォーホルがデザインしたことでも有名で、初回プレスのジッパー付きジャケット版は、その芸術性と希少性から高い価格で取引されています。

さらに、1967年リリースのアルバム『Their Satanic Majesties Request』も特筆すべきです。サイケデリックなサウンドが特徴的なこのアルバムは、その時代のストーンズの音楽的挑戦を感じさせる作品であり、特に3Dカバーの初回プレス盤はコレクターズアイテムとして評価されています。

Bob Dylan(ボブ・ディラン)
ボブ・ディランのレコードの中でも特に価値が高いとされる作品は、1965年にリリースされたアルバム『Highway 61 Revisited』です。このアルバムには、「Like a Rolling Stone」といった彼の代表曲が収録されており、ディランが電気を通したロックへの移行を果たした記念碑的な作品とされています。オリジナルの初回プレス盤は、その歴史的価値と音質の良さから、非常に価値が高いと言えます。

その一方で、1966年にリリースされたアルバム『Blonde on Blonde』も非常に価値が高いとされています。この作品は、ディランが全編でエレクトリック・ギターを導入した最初のアルバムとして知られており、その音楽的な影響力は計り知れません。初回プレス盤はその特異なアートワークとともに、非常に価値が高いとされています。

また、ディランのデビューアルバムである1962年の『Bob Dylan』も見逃せません。ここから始まる彼の音楽キャリアを追体験できる一枚で、その希少性と初期の生の音楽性から非常に価値が高いと言われています。

David Bowie(デヴィッド・ボウイ)
デヴィッド・ボウイの豊富なディスコグラフィの中で、特に価値が高いとされるレコードは数多く存在しますが、その中でも特筆すべきは1972年にリリースされたアルバム『The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars』でしょう。彼のキャリアを代表する作品であり、「Starman」や「Rock ‘n’ Roll Suicide」などのヒット曲を収録。初回プレス盤は、その音質の優れさと希少性から、レコードコレクターにとって非常に価値が高いとされています。

その他にも、1971年のアルバム『Hunky Dory』はボウイのキャリアを象徴する作品の一つで、特に初回プレス盤はその希少性から高価で取引されることがあります。「Changes」や「Life on Mars?」といった彼の代表曲が含まれています。

また、1977年のアルバム『Heroes』も、ボウイのキャリアの中でも特別な存在です。ベルリン・トリロジーの一部として制作されたこのアルバムは、彼がブライアン・イーノと共に取り組んだ実験的な音楽性が反映されており、初回プレス盤はその価値からコレクター間で高額で取引されます。

Sex Pistols(セックス・ピストルズ)
セックス・ピストルズのレコードで特に価値が高いとされるものは、1977年にリリースされた唯一のスタジオアルバム『Never Mind the Bollocks, Here’s the Sex Pistols』です。英国のパンク・ロックシーンを代表する作品であり、彼らの代表曲「Anarchy in the U.K.」や「God Save the Queen」などが収録されています。特に初回プレス盤は、その希少性から非常に価値が高いとされています。

セックス・ピストルズはその活動期間が短く、公式なスタジオアルバムはこの1枚のみ。そのため、彼らの音楽を形にしたこのアルバムは、パンク・ロックの歴史を理解する上で絶対に欠かせない作品となっています。これらの曲は、70年代の英国の若者の反骨精神を象徴するもので、その怒りと不満を音楽に昇華させた彼らのエネルギーを強烈に感じることができます。

このアルバムの初回プレス盤は、セックス・ピストルズがレコード会社とのトラブルでリリースが何度も遅れ、数回にわたってジャケットデザインが変更されたことから、特に初期のプレスはそのデザインや内容の違いから非常に高価で取引されることがあります。それぞれのプレスによってジャケットデザインや収録曲の違いがあるため、それぞれに独自の価値があります。このアルバムを手に入れることで、パンク・ロックの歴史に触れるだけでなく、セックス・ピストルズの音楽的な革新性とパワーを体験することができます。

Joy Division(ジョイ・ディヴィジョン)
ジョイ・ディヴィジョンのレコードで特に価値が高いとされる作品は、その初のスタジオアルバム「Unknown Pleasures」(1979年)であります。このアルバムは、ポストパンクの元祖とも言える作品で、ジョイ・ディヴィジョンの音楽性を象徴しています。特に初回プレスのレコードは、その希少性と音質の良さからコレクターズアイテムとして高値で取引されます。

ジョイ・ディヴィジョンの特徴的なサウンドは、深いエコーと共に展開するギター、ベース、ドラムのアンサンブルと、イアン・カーティスの迫真のボーカルによって形成されています。その音楽は、人間の内面的な孤独や絶望をテーマにしたもので、彼らの楽曲はその後の多くのバンドに影響を与えることとなります。

さらに「Unknown Pleasures」のジャケットは、パルサーの電波強度データを元にした抽象的なデザインが用いられており、その美しさからも評価が高いです。これは、ビジュアルアートと音楽が融合したアルバムとして、その価値を一層高めています。その後のリイシューも存在しますが、初回プレスはその質感や音質、そして希少性から、一層の価値を有しています。

短い活動期間ながらも、その音楽性と影響力から、ジョイ・ディヴィジョンのレコードはポストパンクのファンやレコードコレクターにとっては貴重な存在です。特に「Unknown Pleasures」は、その音楽性とアート性を併せ持つ、ジョイ・ディヴィジョンの魅力を凝縮した作品と言えるでしょう。

Nirvana(ニルヴァーナ)
ニルヴァーナのレコードといえば、その中でもとりわけ価値が高いとされるのが1991年にリリースされたアルバム「Nevermind」です。このアルバムは、グランジという音楽ジャンルを世界に広め、90年代の音楽シーンに多大な影響を与えた記念碑的な作品であります。特に初回プレスのビニールレコードは、コレクターの間で非常に高い価値が認められています。

アルバム「Nevermind」には「Smells Like Teen Spirit」や「Come As You Are」など、今もなお世界中で愛され続けている名曲が収録されています。カート・コバーンの力強いボーカルと独特なギターサウンド、そしてリズムセクションが生み出す深みのあるサウンドは、当時の音楽シーンに新しい風を吹き込みました。

また、アルバムジャケットには赤ちゃんがプールで泳いでいるというインパクトのある写真が使われています。そのビジュアルデザインも人々の記憶に残り、アルバム全体としての価値を高めています。さらに初回プレスには特定のマトリックス番号が刻印されており、これも初回プレスを特別な存在としています。

ニルヴァーナはその後も数々の名作を残しましたが、彼らの音楽スタイルとカート・コバーンの存在感を最も象徴するアルバムが「Nevermind」であり、そのレコードは今でも多くの音楽ファンやコレクターからその価値を認められていると言えます。

レコード買取店を選ぶ際には、以下の5つのポイントに注目することが大切です

1.買取対象のレコードのジャンルや品揃え
レコードはジャンルや時代によって人気が異なります。自分が持っているレコードのジャンルや時代に特化した買取店を選ぶと、高価買取が期待できることがあります。
2.買取価格の明示
買取店によっては、買取価格を明示していないところもあります。しかし、買取価格が明確に提示されている店舗は、信頼性が高く、安心して取引ができます。
3.買取方法の種類
買取方法には、宅配買取や店頭買取などがあります。自分に合った買取方法を選ぶことで、買取額がアップすることがあります。
4.買取額の相場を把握する
レコード買取店によって、買取額の相場は異なります。事前に同じ商品を扱っている他の買取店と比較し、相場を把握することで、適正な価格で買取してもらうことができます。
5.取引の安全性
買取店を選ぶ際には、取引の安全性も重要です。信頼性の高い買取店を選ぶことで、安心して取引を行うことができます。