デューク・ピアソンのレコードの買取相場価格を前もって調べる方法とは? | 気になる口コミ・評判blog
当サイトはプロモーションが含まれています

デューク・ピアソンのレコードの買取相場価格を前もって調べる方法とは?

多くの方が、Duke Pearson(デューク・ピアソン)のレコードを宅配買取してもらう際に、事前に買取価格をある程度把握してから売りたいと考えています。

本来なら、対面買取で提示された価格に納得してからレコードを売りたいところですが、場所や時間的な制限があるため、宅配買取も一般的です。

そこで、当サイトでは宅配買取によって生じるリスクを減らし、安心してDuke Pearson(デューク・ピアソン)のレコードを買取してもらえるよう、信頼できるレコード販売店を厳選しました。

ただ無闇に宅配買取を申し込むのではなく、以下の情報を確認してから、最適なレコード販売店を選びましょう。

レコード宅配買取の最大のリスクについて解説!

レコードを宅配買取する場合、最大のリスクは査定額に関するものです。ほとんどの宅配買取業者は、レコードを送った後に査定額を提示するため、不当な査定額をつけられる可能性があります。私が確認した多数のレコード宅配買取業者の中に、事前査定を行っているところはほとんどありませんでした。

実際には、事前査定には手間がかかるため、多くのレコード買取業者は積極的に行っていません。しかし、事前査定を行うことで、業者は自社の買取価格に自信を持っていることを示すことができます。

初めてレコードを宅配買取する場合は、必ず事前査定を行っている業者を選ぶようにしましょう。事前に買取価格が把握できることは大きなメリットです。レコード市場価格は日々変動しているため、自分が高値で売れると思っていたレコードでも、査定額がつかないことがあります。

また、レコードの買取価格は個人的な思い入れよりも希少性や需要によって決まるため、業者の事前査定は非常に重要です。

このように、宅配買取においては事前査定が必須といえます。また、買取価格に関するトラブルを避けるためにも、事前査定は非常に重要です。(なぜか、宅配買取業者は事前査定を行っているところが少ないのが現状ですが…)

以上を踏まえて、厳選したレコード宅配買取業者を以下に紹介します。

レコード宅配買取でも「事前査定」可能な「エコストアレコード」

エコストアレコード 公式サイト

レコード宅配買取で事前査定が可能な買取ショップ「エコストアレコード」をご紹介します。

「エコストアレコード」の主な特徴は以下の通りです。

  • 仮査定サービスをメールなどで行っている
  • 本査定で納得できない査定額の場合、返送料の負担なしで返送可能
  • NHK「おはよう日本」など、様々なメディアで紹介される有名な買取ショップ
  • 2021年度中古レコード買取満足度、高価買取価格満足度、信頼と安心の中古レコード買取店の3部門で、2年連続No.1に選ばれた実績がある

エコストアレコードでは、仮査定サービスをメールなどで提供しているため、事前にレコードの買取価格をある程度把握することができます。自分のレコードが市場においてどのような価値があるのかを客観的に把握できるというメリットがあります。

また、本査定で思ったよりも値段が付かなくて売りたくない場合も、以下のように返送料が無料になるように配慮されています。

Q.金額に納得できなかった場合、返送してくれるの?

A.通常査定の場合、明細書の1項目でも(300円以上付いたタイトル、もしくはおまとめでお値段が付いた項目)お売りいただけるようでしたら、その他のお品物は送料弊社負担で返送させていただいております。

エコストアレコード公式サイトより引用

※ただし、すべてのレコードの返品またはエコストアレコードで何も買取りが発生しない状態での返送は、着払い返送(返送料全額負担)となるので注意をしてください。

要するに、300円以上の価値があるレコードを1枚でも売却すれば、他の品目については返送料が無料になるということです。現在の返送料は高額になっているため、返品を希望する場合にはこの制度を利用することで、出費リスクを軽減することができます。

エコストアレコードは、非常に実績のあるレコード買取店であり、多数のメディアでも紹介されており、信頼性が高いことがわかります。

特に、初めてレコードの宅配買取を利用しようと考えている方には、エコストアレコードの利用がおすすめです。リスクを最小限に抑え、誠実な対応をしているためです。

まずは、メールなどで簡単に事前仮査定を依頼してみることをお勧めします。

\気軽に事前査定をしてみる方は以下からどうぞ/
エコストアレコード公式サイトはこちら

 

エコストアレコード買取の評判を確認

コラム

Duke Pearson(デューク・ピアソン)は、ジャズピアニスト、作曲家、バンドリーダーとして活躍したアメリカ人ミュージシャンです。彼は1950年代から1960年代にかけて、主にブルーノート・レコードで録音を行い、その後も活動を続けました。

ピアソンは、クール・ジャズやモダン・ジャズ、ハード・バップなどのスタイルに影響を受けており、独自のメロディックなスタイルを持っていました。彼はまた、作曲家としても高い評価を受け、多くの曲を生み出しました。

ピアソンが率いたバンドには、フレディ・ハバード、ドナルド・バード、ゲイリー・バーツ、ジョニー・コールトレーン、バート・コンラッドなど、多くの著名なミュージシャンが参加していました。また、彼は他のミュージシャンのレコーディング・セッションにも参加しており、ウェイン・ショーター、ジョン・コルトレーン、デクスター・ゴードン、ジャッキー・マクリーン、リー・モーガンなどと共演しました。

デューク・ピアソンは、モダン・ジャズの重要な人物の1人として、その才能と功績を称えられています。彼が残した音楽は、今でも多くのファンに愛され、後世のミュージシャンに影響を与えています。

デューク・ピアソンの中でも、特に価値の高いレコードとして知られるのは、以下のような作品があります。

“The Phantom” (1968年) – ブルーノート・レコードからリリースされたピアソンのアルバムで、ソウル・ジャズの傑作として高い評価を得ています。アルバムのタイトル曲である”The Phantom”は、ジャズ・ファンにとっては非常に人気のある曲の一つで、ダンサブルなリズムとキャッチーなメロディが特徴です。

“Wahoo!” (1964年) – ピアソンがリーダーとして手がけた最初期のアルバムの一つで、クインシー・ジョーンズやサム・リヴァースなどのミュージシャンが参加しています。特に、オープニングトラックである「Wahoo」は、ジャズ・ファンから非常に高い評価を受けている曲の一つであり、ダンサブルなリズムと楽しいメロディが特徴です。

“Tender Feelin’s” (1966年) – ピアソンがリーダーとして手がけた数あるアルバムの中でも、特に異色な一枚です。クラシックの曲をジャズのアレンジで演奏したもので、”Tender Feelin’s”というアルバムタイトル通り、優美で感傷的な雰囲気が漂います。

これらの作品は、デューク・ピアソンが作り出した音楽の魅力を余すところなく表現しており、彼の音楽性を理解する上で欠かせない作品となっています。また、ブルーノート・レコードからリリースされた作品が多いため、コレクターからの人気も高く、市場価値も比較的高い傾向にあります。

error: Content is protected !!