ドナルド・バードのレコード買取相場価格を事前にチェックしよう! | 気になる口コミblog

ドナルド・バードのレコード買取相場価格を事前にチェックしよう!

多くの人がDonald Byrd(ドナルド・バード)のレコードを宅配買取で売却する際には、事前に買取価格を把握したいと考えています。当然、直接対面で買取価格を提示してもらい、その場で納得してから売るのが一番安心です。しかし、場所や時間の制約などで、宅配買取を利用したい方も多いです。

そのため、当サイトでは宅配買取に伴うリスクを最小限に抑え、Donald Byrd(ドナルド・バード)のレコードを買取してくれる信頼できる販売店を厳選しました。

レコードを売却する際には、何も考えずにただ申し込んでしまうと損をしてしまう可能性があるため、以下の情報を確認することをお勧めします。

レコードの宅配買取で最も注意すべき点は査定額です

宅配買取では、送った後に査定結果が出るのが一般的ですが、その査定額が思ったより低かったというトラブルもよく聞かれます。

多くのレコード宅配買取サイトを調べてみましたが、事前査定を行っている買取店はほんの一握りでした。正直、事前査定には手間がかかるため、積極的に行っていない業者も多いようです。

ただ事前査定を行っている業者は、買取額に自信を持っていると言えるでしょう。初めての宅配買取には、事前査定を行っている業者を選ぶことをおすすめします。

事前に査定額を知ることは大きなメリットです。レコードの市場価格は日々変動しており、自分が思っていたよりも高く買い取ってもらえる場合もあります。

ただし、個人的な思い入れだけで高値がつくわけではなく、レコードの希少性や需要が高いことが買取額に反映される傾向があります。

そのため、宅配買取では事前査定が不可欠であることは間違いありません。また、買取価格に関するトラブルを避けるためにも、事前査定は重要です。(なぜか宅配買取では事前査定を行っていない業者が多いですが…)

以下より、信頼できるレコード買取店を紹介します。

「エコストアレコード」はレコード宅配買取でも数少ない「無料事前査定」が可能なショップ

エコストアレコード 公式サイト

「エコストアレコード」は、以下の4つの特徴を持っています。

  1. 無料の仮査定サービスがあり、メールなどで申し込める
  2. 本査定の際に納得いかない査定額の場合でも、返送料を負担せずに返品が可能
  3. NHK「おはよう日本」などで紹介された、有名なレコード買取ショップ
  4. 2021年度には中古レコード買取満足度、高価買取価格満足度、信頼と安心の3部門で2年連続でNo.1に選ばれた実績がある

エコストアレコードでは、仮査定の申し込みがメールなどでできるため、事前にレコードの買取価格を把握することができます。自分が所有するレコードの市場価値を客観的に知ることができるため、非常に便利です。

さらに、本査定時に思ったよりも価格がつかなくて売りたくない場合にも、返送料を負担せずに返品することができるため、リスクを最小限に抑えることができます。

Q.金額に納得できなかった場合、返送してくれるの?

A.通常査定の場合、明細書の1項目でも(300円以上付いたタイトル、もしくはおまとめでお値段が付いた項目)お売りいただけるようでしたら、その他のお品物は送料弊社負担で返送させていただいております。

エコストアレコード公式サイトより引用

※ただし、すべてのレコードの返品またはエコストアレコードで何も買取りが発生しない状態での返送は、着払い返送(返送料全額負担)となるので注意をしてください。

エコストアレコードは、1品でも300円以上の価値があるレコードを買い取ってもらえば、他のレコードを返品したい時に送料を負担してくれるとの配慮があります。

このようなサービスは、万が一商品を返送する必要が生じた場合に出費リスクを軽減することができます。信頼性が高く、多くのメディアでも紹介されているため、エコストアレコードを利用することは安心です。

特に、宅配買取を初めて利用する方にとっては、エコストアレコードは最適な選択肢と言えます。彼らは、宅配買取に伴うリスクを最小限に抑え、誠実かつ迅速な対応を提供しています。

あなたが所有するレコードの価値を確認したい場合には、メール等で簡単な無料査定を受けることができます。気軽に試してみることをおすすめします。

\気軽に無料で事前査定をしてみる方は以下からどうぞ/
エコストアレコード公式サイトはこちら

 

エコストアレコード買取の評判を見る

 

コラム

Donald Byrd(ドナルド・バード)は、アメリカ合衆国のジャズトランペット奏者、作曲家、バンドリーダーです。彼は1950年代後半から1960年代初頭にかけて活躍し、特にハードバップジャズの分野で高い評価を得ています。また、彼はブルーノートレコードとの契約を通じて数多くの名盤を残しています。

Byrdは1932年12月9日にデトロイトで生まれ、音楽家一家に育ちました。彼は若い頃にトランペットを始め、ジョージ・ワシントン大学に進学して音楽を学びました。卒業後、彼はアメリカ空軍のバンドに参加し、音楽活動を開始しました。

彼の初期のアルバムには、ジャズの伝説的なアーティストたちが多数参加しています。例えば、1956年の「Byrd Jazz」には、ジャッキー・マクリーン、ホレス・シルヴァー、ドゥギー・ウェルズ、アート・ブレイキーなどが参加しています。1958年には、ドラマーのアート・ブレイキーと共同で「Fuego」を発表しました。

しかし、Byrdの最も有名なアルバムは、彼がブルーノートレコードと契約してからのものです。彼は1960年に「Fancy Free」を発表し、その後、多くの名盤を発表しました。彼の代表的なアルバムには、「A New Perspective」、「The Cat Walk」、「Blackjack」、「Free Form」、「The Creeper」、「Electric Byrd」などがあります。

Byrdは1970年代に入ると、ジャズにソウルフルな要素を取り入れた音楽を演奏し始めました。彼のアルバム「Black Byrd」は、ファンクやソウル、リズム・アンド・ブルースの要素を取り入れたサウンドが特徴的であり、1973年にリリースされた「Street Lady」や1975年にリリースされた「Places and Spaces」などのアルバムも同様です。

Byrdは、ジャズの伝統的なスタイルと、よりポピュラーな音楽の要素を巧みに融合させた音楽を演奏し、その功績は今でも高く評価されています。

Donald Byrd(ドナルド・バード)の中でも特に価値の高いレコードとして、以下のような作品が挙げられます。

“Fuego” (1959)
このアルバムは、ドナルド・バードとテナー・サックスのジョー・ヘンダーソンによるコンビネーションによって生み出されたジャズ・マスターピースです。特に「ファンキー・メイ」、「ヒアディズ」、「ティアドロップス」などのトラックが人気で、高額で取引されています。

“Royal Flush” (1961)
このアルバムは、クインシー・ジョーンズのプロデュースによるドナルド・バードの作品で、フルート奏者のハービー・マンとピアニストのソニー・クラークが参加しています。特に「王手」、「シャフル・ボード」、「フィッツ・ヒュー」などのトラックが人気で、高額で取引されています。

“A New Perspective” (1963)
このアルバムは、ドナルド・バードがビッグバンドを率いて制作された作品で、ラテンジャズやソウルフルな要素を取り入れたサウンドが特徴です。特に、ヴォーカルのジーン・ハンプトンが参加した「クリスタル・リーヴス」、「エリー・フィンチャー」、「ザ・ブラック・ダンス」などのトラックが人気で、高額で取引されています。

“Blackjack” (1967)
このアルバムは、ハービー・ハンコック、ソニー・レッド、ビル・エヴァンスらが参加したドナルド・バードの作品で、フュージョンやエキゾチックな要素を取り入れたサウンドが特徴です。特に「クリスタル・シー」、「カン・デイ」、「ブルー・ベル」などのトラックが人気で、高額で取引されています。

以上のように、ドナルド・バードの作品には、様々な時期やジャンルにわたる素晴らしい作品があります。特に、ビッグバンドの作品や、他の著名なジャズ・ミュージシャンとの共演作品などは、高額で取引されることが多いです。